福岡県県立高入試 出題傾向と分析

全教研&英進館関連記事

毎日新聞 2008年3月13日
今回の福岡県立高校の入試問題について、県内を中心に九州各地で教室を展開する進学塾「英進館」(総本部・福岡市中央区今泉)に分析してもらった。

◇例年通り基本的、総合力を問う--英語

例年通り、基本的な英語総合力を問われる問題が出題されている。難易度は昨年並みである。

[1]のリスニングでの値段と数を正確に聞きとり、かつ計算する問題は応用力を必要とする良問であった。[2]の会話文は昨年までと傾向が変わったが、難易度は標準的なものであった。[3]の対話文の問3は、特に読解力と文法事項の理解がなければ正解するのは難しいであろう。[4]の長文は不定詞など、中学2、3年の単元からの出題が目立った。[5]の条件英作文は「科目」「スポーツ」といった身近なテーマなので書きやすかったのではないか。

◇単元、形式など 昨年とほぼ同様--国語

出題単元や形式、難易度とも昨年とほぼ同様。[一]と[三]の最後の設問は、それぞれ生徒のノート、感想文を完成させるという形で要旨や主題を問い、国語学習の模範を示す良問である。

[一]の論説文は、文章構成を踏まえて考えさせるという出題意図が明確であった。

[二]の古文は、反語表現を含む和歌の大意を読み取らせる問題が、やや難しかった。

[三]の随筆文は、心情や比喩(ひゆ)の文学的な表現が問われ、細かな読み取りが必要である。

[四]の作文は、二つの題材を提示したうえで他案の良さも認めながら、自分の意見を主張するという論の進め方が、昨年同様で取り組みやすかった。

◇難易度はアップ、小問増える傾向--数学

出題形式は従来通りだが、難易度は例年よりややアップした。

[1]は昨年と同じ24点満点。[2]も2年続けて二次方程式の文章題の出題。Xの値を求めることは易しいが、木の本数を求める作業が必要なため、戸惑った受験生も少なくないと思われる。

[3]は整数の性質の証明問題。[4]は一次関数と二次関数の融合問題で、(1)、(2)は教科書レベル。(3)で加点できるかどうかで差がつく。

[5]の(3)は非常に難易度が高く、学力差が顕著に現れる設問。[6]の立体図形は、例年と変わらない出題で比較的取り組みやすかったのでは。ここ数年、差のつく小問が増え、学力差を測るにはよい傾向といえる。

◇文章記述が難化、作図は2問出題--理科

出題形式は例年通りで、難易度も昨年とほぼ同様。文章記述が難化したが、選択問題は解答に迷うものは少なかった。作図は2問出題されている。

[1]の生物の文章記述では、光合成と葉のつくりの関係について考察させている。[3]の化学では、昨年出題されなかった化学反応式が出題されたのが特徴的である。[5]の地学では、津波の発生原因を問う記述問題が難しい。[7]の物理では、音の波形を作図させる良問が出題され、音の高低・強弱と波形の関係が問われている。

実験・観察を題材に総合的知識と科学的思考力が求められる。

◇文章記述が増加、難問も数問出題--社会

文章記述問題が昨年の6問から8問に増えた。数問ではあるが、難問も見られた。

地理の[3]では「正距方位図法は中心からの距離と方位が正しい」という特色を理解しているかが問われ、事前に解いていない生徒には難しかった。

歴史では、年代に関する問題が3題出題され、歴史の流れを把握しているかが問われた。公民では、裁判員制度や地球環境問題など、最近の社会事象に関する良問が出題されている。[6]の文章記述問題は、複数の資料を読み取る前年の設問から、地理・歴史・公民の3分野の基本事項の表現力を問う問題へと変わった。

http://mainichi.jp/area/fukuoka/news/20080313ddlk40100075000c.html

記事を読む   福岡県県立高入試 出題傾向と分析

全教研と昴が共同戦線

全教研&英進館関連記事

平成19 年11 月より、鹿児島、宮崎、熊本、福岡に70校以上の教室を持つ学習塾「昴(すばる)」(鹿児島)と福岡、長崎、佐賀、大分に50校以上の教室を持つ「全教研」(福岡)が共同で、中学生向けの「全九州模試」と小学生向けの「全九州学力テスト」の共同の模試を実施。1万5000人規模の模試が九州に誕生した。

この両者の共催により九州全県での模試の実施が可能となり、より確度の高い合格判定、学力診断結果を提供することができるようになるでしょう。

昴の平成20年2月の中間決算説明書によれば、以下のように九州地区のことを分析しています。


8.九州地域の学習塾業界の動向

(鹿児島県)
ここ数年、大手学習塾の進出、低価格学習塾の新規出校が続いておりましたが平穏化の傾向。当社は模試の外部受験者数拡大を軸に新規層の掘り起こしを図っており、特に成績上位層に対する優位性は堅持の見込み。中学卒業者数が減少し、特に郡部の公立高校の競争率が低下する中で、受験学年以外の獲得が課題となります。

(宮崎県)
九州の中では比較的大手学習塾の参入も少なく、当社が優位な展開をしておりますが、今年からトップ公立高校に併設の中高一貫校も開校し、既存の附属中や私立中とともに中学入試受験層が拡大の傾向にあり、今後大手学習塾の新規参入も予想されます。当社の優位性を堅持するため、既存校のてこ入れとともに、宮崎市東部に浮城校の開校を予定しています。

(熊本県)
先行する地元資本が優位性を発揮し、当社を含めた後発組とのシェア争いが一段と激化する傾向にあります。高校再編の動きの中で、学区の廃止・拡大、熊本市外に公立の中高一貫校の設置も決定しており、当社では熊本市内の成績上位生の獲得を図るとともに、熊本市近郊の菊陽町に菊陽校の開校を予定しています。

(福岡県)
当社進出地域においては圧倒的な市場規模を誇る、九州最大の激戦区。中央資本の参入も継続しており、来春には業界大手の進出が決定しています。市場規模から見ると当社のシェアは低い状況にあります。これより福岡市に本社を置く株式会社全教研と模試を共催し、当地における模試の受験者数拡大を契機として、シェア拡大を図ってまいります。


昴と全教研の共同模試の実施の背景には、上記のような熾烈なシェア争いがあるわけですが、具体的には、出版社の学習研究社(東京)が北九州市の学習塾「照和学館」を子会社化したり、東海地方が地盤の学習塾「佐鳴予備校」が九州・山口で校舎を展開する習塾「九大進学ゼミ」を傘下に収めるなどの動きがあります。

また、夏期講習0円で全国に進出する大手学習塾「秀英予備校」(静岡)が福岡に進出する予定もあり、九州地区が全国展開する学習塾の草刈り場になるのか、それとも地場の学習塾が踏ん張って死守するのか、ここ数年の動きに目が離せません。

記事を読む   全教研と昴が共同戦線

全教研社長 中垣一明氏 「ゆとり」見直しは追い風

全教研&英進館関連記事

2007年11月24日  西日本新聞
 8年連続の増収となったが、経常損益は上場以来初の赤字を計上。2005年度に大学進学指導に特化した高校部を新設し、講師の人件費や教材費など約4100万円かかったことが響いた。「来春初めて卒業生が出て、実績が見えてくる。今は肥やしをまいている段階」。

 国がゆとり教育の軌道修正を行っていることについては、「ゆとり教育導入時には、学力低下に不安を抱いた低学年層が塾に向かった。今回は授業がハードになるという危機感から、需要が掘り起こせる。国の施策は何にしても追い風」とみる。少子化で競争が激しくなる中、鹿児島市に本拠地を置く昴と模擬テストで提携する。「模試は母数が多いほど、正確な結果が出る。効果は次第に出てくるだろう」

記事を読む   全教研社長 中垣 ...

個人情報が記載された受験票の紛失

全教研&英進館関連記事

全教研は、同社主催の公開テスト会において、職員が生徒・保護者の個人情報が記載されている受験票を入れた封筒を紛失するという事故が発生したと発表しました。

概要
平成19年10月8日午前9時30分頃、当社職員が、公開テスト受験会場で引率してきた受験生の受験票を担当責任者に渡そうとしたところ、受験票を入れた封筒を紛失しているのに気づきました。当社教室から受験会場に向かう途中で封筒を紛失しておりました。当該職員は、速やかに警察署に届けるとともに、途中利用した交通機関に問い合わせ、また直接利用した駅に足を運び、確認するも発見できず、現時点でも発見されておりません。

流失した個人情報: 全教研当社所定受験票 受験対象生徒のうち14名分
流失した情報:    住所、氏名、性別、生年月日、電話番号、当社教室名、所属学校学年 
         
すでに全教研では再発防止策の検討・実施を行っているようです。

記事を読む   個人情報が記載された受験票の紛失

対英進館シフト? 全教研と昴が模試を共同実施

全教研&英進館関連記事

全教研と鹿児島の昴(鹿児島市)が模試を共同実施することになったと2007年9月21日に発表しました。

対象は、小中学生だそうで、11月から実施し、年2回開催。昴は鹿児島ラサールへの実績で有名な塾。全教研とタッグを組む形で、九州制覇をめざしているというところでしょうか。両塾は競合地域が少なく、お互いをカバーしあいながら、それぞれ地域を特化して進出することが可能です。

両塾を合わせる教室数は130近くになり、20000人強の受験生が見込めると試算しているようです。全教研の英進館シフトと考えることもできそうです。英進館は九州全県への進出と合わせて関西圏進出も視野に入れているといわれ、今後も全教研、英進館の動きから目が離せません。

記事を読む   対英進館シフト? ...

英進館「生徒数20,000人を擁する西日本トップクラスの総合学習塾」

全教研&英進館関連記事

ふくおか経済EX 2006


生徒数20,000人を擁する西日本トップクラスの総合学習塾

高等部も充実!東大、九大の現役合格で群を抜く合格実績 英進館㈱

今年の春も英進館㈱(福岡市中央区今泉1丁目)の快進撃が続いている。数年前から力を入れ始めた大学入試(3月22日現在)では東京大学が昨年の13人から29人(理Ⅲ現役2人含)に、九州大学では70人から120人(医学部14人含)と大幅に数字を伸ばすとともに他の有名国立・私立大学へも多くの現役合格者を輩出する。

また、中・高校入試では全国最難関の灘(18人)や首都圏最難関の開成(16人)をはじめ、ラ・サール(139人)、久留米附設(187人)等の九州の超難関私立校や修猷館(201人)、福岡(160人)など県内有名公立高校の合格実績において、群を抜く結果を出した。

とりわけ、ラ・サールでは5年連続日本一、久留米附設では13年連続日本一という記録を更新中だ。

英進館は福岡都市圏を中心に佐賀、熊本、大分、鹿児島など、ほぼ九州全域で教場を展開し、この春には赤間校(宗像市)、武蔵ヶ丘校(熊本市)を開設、教場数は31教場となった。

1979(昭和54)年、前身の「九州英才学院」として、筒井勝美館長が、わずか16人の生徒でスタートした学習塾は、創立四半世紀を超えた今日、生徒数約20,000人を擁する総合進学塾へと成長した。


新年度からは「東大攻略講座」もスタート

近年、急速に注目を集めてきているのが高等部の充実。現在では10教場を数え、全国超難関大学への現役合格をサポートする。特に昨年夏にスタートした「九大攻略講座」は大好評で、多くの生徒が真剣な眼差しでハイレベルな講義に取り組んでいる。

1月末には九大入試本番と同じ時間・ボリューム・傾向を再現した「九大攻略数学オープン模試」を実施。今春の合格実績がその成果を物語る。

さらに、新年度からは「九大攻略講座」に加え「東大攻略講座」もスタートし、大学入試に向けたシステムがますます充実する。

これらカリキュラムの発案者であり、自ら教壇に立って指導スタッフの陣頭指揮を執るのが筒井俊英社長だ。筒井勝美館長の長男で英進館の1期生でもある筒井社長は、久留米附設中・高~東京大学工学部を卒業後、英進館で教鞭を取る傍ら、九州大学医学部を受験。

見事合格し、首席で卒業した後は九州大学医学部第一内科で内科医として勤務した経験も持つ。その後、2002年に英進館に復職、2004年には社長に就任、現在も数多くの講座を受け持ち、東大、九大の入試のエキスパートとして絶大の支持を得ている。


「優秀な教師陣」と「優れた教材システム」

英進館の高い合格実績を支えているのが「優秀な教師陣」と「優れた教材システム」だ。東京大学、京都大学、早稲田大学、九州大学など、一流大学の出身者が牽引者となり、 レベルの高い教師陣を構成。さらに、ビデオなどを駆使した教師陣のレベルアップ研修を定期的に実施し、 常に最新の指導技術を追求している。

教材システムについては、日本初の特許取得教材「難関私立入試完全攻略本」をはじめ、東大出身の精鋭教師が中心となり、2年の歳月をかけて完成させた、問題集・教材史上で例のない算数オリジナル教材などは、分野別・解法別・難易度別のユニークな編集が注目を浴びている。

また、志望校ごとの入試問題を忠実に再現する「英進館オリジナルテスト」も生徒たちの第一志望校合格を力強くバックアップする。


「どうする『理数力』崩壊」で理数教育の衰退に警鐘

一方、創業者である筒井勝美館長は、昨今の理数教育の衰退を危惧し、西村和雄京都大学教授、松田良一東京大学助教授らとともに「どうする『理数力』崩壊」を著し、現在の教育制度のあり方に警鐘を鳴らす。

「理数教育の衰退による小・中学生の学力崩壊は“ゆとり教育”の弊害であり、科学技術立国・日本の将来を脅かす深刻な問題。一日も早く正統派教育の原点に戻らなければ」と訴える。

実際、西日本で初めてスタートした本格的な「理科実験授業」は、リアルな実験の切り口から科学への好奇心、論理的な思考力を育む取り組みであり、理数教育の学習内容が大幅に削減され、理数嫌い・理数離れが大きな社会的問題となりつつある中、各界から熱い注目を集めている。


教育に人生をかける熱い集団

筒井館長とともに新時代の英進館の舵取りを担う筒井社長。「関東や関西に負けないトップレベルの指導とともに、英進館でしかできない教育を充実する。それを支えるのが教師、事務職員などスタッフ全員のレベルの高さであり、みんな教育に人生をかける熱い集団」と言い切る。

〔2006年度合格実績(速報)〕 東京大学29人(理Ⅲ現役2人含) 九州大学120人(医学部14人含) 灘中高18人 開成中16人 麻布中12人 ラ・サール中高139人 久留米附設中高187人 修猷館高 201人 福岡高160人 筑紫丘高146人 ほか多数

記事を読む   英進館「生徒数20 ...

大人まで対象にしはじめた「学習塾・予備校業界」

全教研&英進館関連記事

夕刊フジ 2005.02.17

【会社・業界の基礎知識】
受験シーズン。同時に、来年、再来年に備えて学習塾・予備校選びの時期でもある。

その学習塾・予備校業界だが、意外にも株式上場組は20社を超える。それも北海道、静岡、福岡、鹿児島など、いわば“地方発ベンチャー”が多いのも特徴だ。ゆとり教育に対する保護者の不平不満から、学習塾などへのニーズが高まっていることが背景にある。

「進研ゼミ」など通信教育が中心のベネッセコーポレーションは別格として、上場学習塾・予備校の売り上げトップは栄光ゼミナールの栄光。以下、市進、ナガセ(東進ハイスクール)、ワオ・コーポレーション(能開センター、スタッド学習教室)、ウィザス(旧学育舎)、秀英予備校、リソー教育(トーマス)が前期売上高100億円を突破している。
 
決算期変更の東京個別指導学院も実質的に100億円企業である。

ただし、生徒獲得の鍵になる難関校への合格実績、教室拡充、人材確保など競争は激化の一途。

広告費用負担も重い。少子化の影響も避けられない。合従連衡も目立つようになってきた。
 
リソー教育の株式も所有する最大手の栄光はウィザスと資本提携。そのウィザスは生理用品大手のユニ・チャームと幼児対象の才能開発教室(ユニ・チャームエデュオ)を
展開している。

ベネッセと英語教室や読書教室の開設で提携のアップは、教育ノウハウおよびシステムの提供などで全教研と提携。
ウィンは難関中学受験部門を修学社に営業譲渡といった具合だ。
 
未上場組を含めれば資本提携や営業譲渡、合併吸収はさらに増える。
 
集団学習が中心か個別指導が主流か、さらには自前教室の拡大をめざすところとフランチャイズ展開に傾注と各社の事業展開は様々だが、従来の児童・生徒中心から大人までを対象とする生涯学習への進出など、事業の多様化も目立つ。
 
栄光は学校に講師を派遣する事業を手がけているほか、グループ会社の二期リゾートでホテル・レストランを展開する。

デイ・サービス事業など介護に進出したのは早稲田アカデミー。

進学会はスポーツクラブ、クリップコーポレーションはサッカー教室を展開している。

記事を読む   大人まで対象にし ...

九州―女子受け入れ機に私学人気が上昇中

全教研&英進館関連記事

asahi.com 2006年01月30日

県立高校の人気が根強い九州では首都圏ほど中学受験が過熱しているわけではない。

しかし、地元の大手塾は「東京の受験ブームが2、3年後には波及してくる」と予測する。

中高一貫の私立進学校である久留米大付設(福岡県久留米市)とラ・サール学園(鹿児島市)の中学入試は、毎年同じ日で、今年は27日。

両校を合わせた志願者数は昨年より79人増えた。

両校の受験者数は九州の受験動向を測る指標だ。進学塾の英進館は「子どもの数が減っていることを考慮すると、受験率は過去最高」とみる。

女子の受け皿が増えてきたことも私学人気に拍車をかけている。

福岡市の西南学院中学は96年から共学に。九州各地や山口県からの志願者も増え、中学受験をする女子にとって最難関校になった。

久留米大付設や長崎県の青雲学園も、高校の門戸を女子に開放した。

受験希望の保護者たちから「中学は女子を入れないのか」と問い合わせが相次ぐ。

一方、長崎県は04年度から、県立の進学校だった長崎東高校と佐世保北高校を、中高一貫校にした。

同県教委は「地元の期待にこたえただけで、決して(私立に対抗する形で)エリート校をめざしているわけではない」と強調している。

記事を読む   九州―女子受け入 ...

全教研の有名卒業生たち

全教研&英進館関連記事

東京新聞  2006年2月22日

野望の軌跡(1) 原点

厳格な家 田舎を脱出
 
福岡県八女(やめ)市。茶の栽培で知られる県南の小都市は人口約3万9千人。繁華街や鉄道の駅はなく、田園地帯が広がる。ライブドア前社長堀江貴文(33)=証券取引法違反罪で起訴=はここに生まれ、普通のサラリーマン家庭に育った。

堀江の幼少時代を知る人たちは一様に「頭のいい子だった」と言う。

小学5、6年当時の担任だった山口久幸(59)は「テストは満点かほとんど満点。百科事典や社会科で使う資料集をよく読んでいた」と振り返る。

社会科の時間。堀江は当時の中曽根改造内閣の大臣の名を次々と言い当てた。同級生だった男性(33)は懐かしそうに「堀江はずばぬけて成績が良かったから、学校中が知っていた」と話した。

進学したのは九州有数といわれる中高一貫校・久留米大付設中。同じ小学校から進学したのは堀江ただ1人だ。

中学1年の時から新聞配達を始め、毎日午前4時前に起きた。60軒分の新聞をかごに入れ、自転車をこいだ。新聞は全部で7種類だったが、どれをどこに配達するか、堀江は初日に全部覚えたという。アルバイト学生を指導した元店員(39)は堀江の記憶力のよさを覚えている。

「覚えの早い子でも4、5日、遅い子は10日もかかるから驚いた。冬を越せずにやめていく子が多かったが、堀江はずっと頑張っていた」

2年余りの間、苦情は1件もなく、まじめに配達を続けた。

堀江が小4から中3まで通っていた地元の進学塾「全教研」社長の中垣一明(54)は、堀江が中学2年のころ、彼の隠れた才能に気が付いた。

授業のない日に塾にやってきては、パソコンをいじって独学した。ある日、中垣は英語の授業で使う学習ソフトのプログラムを頼んでみた。

「授業の邪魔になってもいかんから6カ月の猶予を与えたんです。そうしたら1カ月で『できました』と持ってきた」

後にインターネットを駆使して事業を起こした才能は、このころから芽生えていた。

中でも地元でよく比較されるのが、中、高、全教研を通して同級生だった孫泰蔵(33)だ。

泰蔵はソフトバンク社長孫正義(48)の弟で、大証ヘラクレス上場のオンラインゲーム会社「ガンホー・オンライン・エンターテイメント」会長を務める。

2人をよく知る中垣は「泰蔵は中心になってみんなで騒ぐタイプ。堀江は不器用で友達も多くなく、距離を置いて見ていた。成績は下位だったから、劣等感があったのかもしれない」。

高校の担任だった大津留敬(72)も「決して成績はよくなかった。東大を受けると聞いて『えっ、大丈夫かな』と思った」と振り返った。

 「『温かい家庭』がどんなものなのか、まったく知らないままに私は子供時代を送った」

堀江は自著に少年時代をそう記している。

父は堀江を厳しくしつけたといい、中学時代、新聞配達や片道10キロの道のりを自転車通学させたのも、父の意向だったという。そんな父親に堀江は自著で批判的だ。

「一生懸命やっているわりには、全然お金を持っていない。『何でこんな苦しい作業を続けなければならないのか』と疑問を持っていた」

厳格な父親に対する反発。「無為に遊びほうけていて、高校2年の冬から進路について悩み始めた」という堀江は、担任や周囲の驚きをよそに、独自の勉強法で東大に現役合格した。

そして「とても田舎なので早く抜け出したかった」という福岡を離れた。(文中敬称・呼称略)

記事を読む   全教研の有名卒業生たち

全教研「1億円の売上増を期待」

全教研&英進館関連記事

2005.8.17 発行 週刊経済より

北部九州を中心に学習塾を運営している㈱全教研(福岡市中央区赤坂一丁目、中垣一明社長)は、〇六年三月期内に長崎県内に二カ所、宗像市内に一カ所の計三カ所で新教室の開設を構想している。
 
同社では既存教室の充実を図ることを最重要方針としているが、手薄な地域への新規教室の開設で、空白地域におけるドミナント形成を狙う。

長崎県内は長崎市内に一カ所と同市外に一カ所設ける計画。

この三教室で四百人から五百人の生徒数を見込み、初年度は約一億円の売上増を期待している。

 
開設後の塾数は、福岡県内に四十カ所、佐賀県内に五カ所、大分県内に三カ所、長崎県内に五カ所、山口県内に一カ所の計五十四教室となる。

また、生徒総数は一万二千五百人規模を見込んでいる。

また、この新規教室計画を含め、〇六年三月期売上高は四十四億三千万円、経常利益は二億八千八百万円を見込んでいる。
 
中垣社長は「既存教室の充実化は当面の目標ではあるが、県外においてはまだまだ空白地域が多い。これからも水平拡大で着実にエリアを拡げていきたい」と話している。

 
同社は一九六二年七月創業。
一九七七年三月設立。資本金は七億八千九百四十二万円。
従業員数は二百五十二人。
 
中垣社長は久留米市出身、一九五一年三月十二日生まれの五十四歳、サンフランシスコ州立大学大学院博士課程修了、趣味は旅行。

記事を読む   全教研「1億円の売上増を期待」

PAGE TOP