英進館の特徴&姿勢

特徴比較

英進館を表現する際に、ふさわしいものの1つとして、新卒の採用情報がある。

英進館の特徴と姿勢を最もよく表していると思われるので紹介しよう。

2007リクナビ採用情報より

『創立以来、20年連続の成長を遂げている英進館。その原動力は圧倒的な強さを誇る合格実績です。この4年間で1.6倍に増えました。全国でも九州に英進館ありと注目されるほどの九州の主要な中学・高校のほとんどの入試でトップクラスの合格者という抜群の合格実績を誇り、この少子化の時代に年々10%程度の生徒増を実現しています。』

どうだろうか。

非常に勢いのある言葉に圧倒される方もいるでしょう。

売上高を見ても、常に右肩上がりで平成18年度3月期で、64億円と過去最高を記録し、在籍生徒数も同じく過去最高の20,578名を記録している自負と自信が採用面でも表れていると言えるだろう。

塾というのは、ある意味で他社との差別化が非常に難しい業界です。

「勉強のシステム」というものは、秘蔵の虎の巻があるわけでなく、時間の経過とともに、また、結果としての「合格実績」によって、自然淘汰され、どの塾の授業もサービスも似たり寄ったりになっていきます。

そうなると、やり方はほぼ一緒。そこで、皆、「合格実績」に走っていくわけです。

なにより一番消費者に訴える数値ですから。だから、「合格実績の数」での差別化を図ろうとする。

ただ合格実績を挙げていくには、母体となる「生徒数」がどうしても必要になってきます。ならば、必然的に、数多くの教室数を展開する形にならざるを得ない。

よく大手学習塾が「合格者数」を誇るに対して、中小零細塾が「合格率」を誇る事象が全国各地で散見され、お互いがネット上で罵り合っている状態の地域もあります。

これなどは、まさに差別化を図るのが難しいということを表している現象です。

生徒数が少ない中小零細塾が大手に対して「合格者数」で太刀打ちできるはずもなく、「合格者数÷受験者数」という「合格率」で勝負するほかはないわけです。

そうやって「合格率」で勝負してきた塾も拡大を望み、生徒数の増加が回転し始めると、自然と「合格者数」で勝負をし始めるようになる。

どちらがいい悪いではなく、大は大の戦い方が、小には小の戦い方があり、各塾が自分の有利な土俵で戦おうとするのが当然であるということです。

そんな中で、英進館は、他塾との差別化の一環として、

◆多大な費用をかけて理系離れに警鐘をならし、理科実験授業・レポート作成指導
◆正規指導時間外に設ける読書作文指導
◆礼儀作法、長幼の序、人間教育等を教える週一回のホームルーム実施

を掲げています。

「部活ばかりで勉強しない・・・」お母さんからの相談

記事を読む   英進館の特徴&姿勢

英進館の考えるブランド力

特徴比較

英進館のHPには自ら考えるブランド力というものがどういうものであるかを書き記しているページがあります。

英進館が考えるブランド力、それは「塾の生徒数・校舎数の大きさ」ではなく、塾の生徒数を校舎数で割り算して出てきた値と考えているようです。

つまり、単一の校舎でどれだけの生徒を集めることができるか?

英進館の考えるこのブランド力=1校舎あたりの平均生徒数が500名を越えているのが英進館だけ。
他のほとんどの大手塾の一校舎あたりの生徒数は200名前後であると。

子供を通わせるあなたにとっての塾のブランド力ってなんでしょうか?
1教室あたりの生徒数ですか?

さて、秀英予備校が九州にいよいよ2008年冬に進出。まずは7校舎展開し、来春までにはさらに2校展開するとのこと。

秀英予備校は教材費のみの無料講習会で一気に校舎展開することで知られています。迎え撃つ九州の地場の塾はどう考えているのか?

読売新聞によれば

英進館「単に教室を増やしても優秀な教師が伴わなければ授業の質が落ちるだけ。当社は教育内容で他との違いを出す」

全教研
「保護者との連携を密にしたり、テスト後のフォローを徹底したりと、きめ細かな対応を強化したい」


「一時的に生徒が(秀英に)流れることはありうるだろう。さらに個別指導に力を入れることなどで魅力を高めていきたい」

とそれぞれコメントしているようです。

英進館では秀英予備校の進出に対して上記ブランド力という考えからの比較を行い、対抗しているようです。

たとえばこんな言い回し・・・

友人関係は、勉強のやる気に関係するの?

記事を読む   英進館の考えるブランド力

全教研の特徴

特徴比較

少子化の影響で学習塾業界は大きな転換期にあるなか、全教研は、新しい市場の開拓を積極的に進めています。

中垣一明社長曰く「有名校への進学率だけを競う時代は終わった」と。

全教研のキャッチフレーズの1つとして、

  「全教研で身につけるものは受験知識だけではありません。各
   学年に対応した知識と考える力、疑問を発見して解決する能
   力、そして自ら学ぶ姿勢……。
   それらは学校を卒業後も、人生を切り開いていく真の知力とな
   ります。また学習合宿やわくわく体験ツアー、種々のイベントや
   定期的な個人面談などを通じて精神・生活面の指導も行い、
   徹底的に面倒を見ます。さらにニーズに合わせた多様な講座
   を準備し、子どもたちの夢の実現に全力を尽くしています。」

というのがあり、全教研では、こう表しています。


学力=素質(個性)×環境(指導力)×やる気(モチベーション)=無限大

素質×環境×自発性= ∞(無限大)

そして、それらを形にしたものが、通常講座以外にも開講している
 

記事を読む   全教研の特徴

英進館の中学受験

特徴比較

英進館は、九州で初めて四谷大塚と提携を結びました。英進館曰く、「英進館の指導システムは、四谷大塚システムに英進館オリジナル教材を融合させている」と。

四谷大塚は投信と

四谷大塚システムの最大の特徴と言われているのがスパイラル方式のカリキュラム。スパイラルのカリキュラムとは、同一テーマをある程度の時間をおいて何度も学習するシステムです。

ただ、このスパイラルのシステムは、今では他の中学受験指導でも使用されており、繰り返しの学習の必要性から、自然とそういうやり方にどこも行き着いたと言えるかもしれません。

知っておくべきことは、学習をするたびに基本から応用・発展へと難易度をなだらかに調整していくスパイラク方式も、最初の基本ができていなければ、全然スパイラルになっていかないということです。

また出てくるからという姿勢でなく、少なくとも習った時点で基本だけは押さえておかないと、非常に多くの単元が出てくる中で取りこぼしが多くなっていくからです。

そういう意味で、途中入塾は非常にきついわけです。家庭で学校の内容を超えて自学自習をしているのであれば対応も可能ですが、そうでなければ、少なくとも、5年生の段階から学習していくことが子供の負担を考えても妥当であると思います。

記事を読む   英進館の中学受験

PAGE TOP