ラ・サール中学校 公開実戦統一模試 

九州では合格実績で「一人勝ち」の状態になっている英進館が小学校6年生を対象にした唯一の全国規模の公開テスト「ラ・サール中公開実戦統一模試」を実施します。

実施日は2011年5月7日(土)で、鹿児島地区は5月8日(日)に実施となります。

今回の「ラ・サール中公開実戦統一模試」は、出題範囲を「今までの全履修範囲」とし、基本的には実力問題となります。

実施会場は、
天神本館、薬院本校、西新本館、香椎本館、春日本館、久留米本館、小倉本館、折尾校、佐賀校、長崎校、大分校、熊本本館、鹿児島校などで、受験費用は税込4,000円となっています。

英進館は2011年度入試で定員160名のラ・サール中学校で合格者数は定員の半分の80名、ラ・サール高校では定員80名に対して合格者数は137名出すなど「ラ・サールに強い英進館」といってよい状態を作り出しています。

ちなみに2011年度のラ・サール中学の入試では160名の定員に対し受験者数は619名で、倍率は4倍弱となっています。

この5月の模試は、ラ・サール中学入試を想定し、テストレベルや実施時間も本番と同じ設定で行われますので、ラ・サール中学の志望者、成績上位者の多くが受験すると思われますので、現在のわが子の位置を知る意味でもぜひ受験しておきたいところです。

成績返却は、約1週間後で、偏差値や全体での順位、ラ・サール中学への合格可能性を含む成績表と成績資料、答案が郵送されます。

つどへ!ラ・サール中学志望者ですね。

公開テストになると緊張からか点数が取れない

勉強になるとすぐに眠くなる・・・


PAGE TOP