英進館が早稲田アカデミーの第3位の株主になりました

首都圏で学習塾を展開する早稲田アカデミーが2010年9月14日付で筆頭株主の須野田珠美氏より、保有株式の一部を九州地盤に学習塾を展開する英進館に市場外(相対取引)で譲渡する約定を行った旨の連絡を受けたと発表しました。

英進館は、2010年3月末時点で早稲田アカデミー株8.34%を保有する第4位株主でしたが今回の譲渡で、異動後の英進館の持分は12.20%にあたる84万6,600株の保有となり、大手予備校・東進ハイスクールなどを運営するナガセに続く第3位の株主となります。


PAGE TOP