英進館の考えるブランド力

英進館のHPには自ら考えるブランド力というものがどういうものであるかを書き記しているページがあります。

英進館が考えるブランド力、それは「塾の生徒数・校舎数の大きさ」ではなく、塾の生徒数を校舎数で割り算して出てきた値と考えているようです。

つまり、単一の校舎でどれだけの生徒を集めることができるか?

英進館の考えるこのブランド力=1校舎あたりの平均生徒数が500名を越えているのが英進館だけ。
他のほとんどの大手塾の一校舎あたりの生徒数は200名前後であると。

子供を通わせるあなたにとっての塾のブランド力ってなんでしょうか?
1教室あたりの生徒数ですか?

さて、秀英予備校が九州にいよいよ2008年冬に進出。まずは7校舎展開し、来春までにはさらに2校展開するとのこと。

秀英予備校は教材費のみの無料講習会で一気に校舎展開することで知られています。迎え撃つ九州の地場の塾はどう考えているのか?

読売新聞によれば

英進館「単に教室を増やしても優秀な教師が伴わなければ授業の質が落ちるだけ。当社は教育内容で他との違いを出す」

全教研
「保護者との連携を密にしたり、テスト後のフォローを徹底したりと、きめ細かな対応を強化したい」


「一時的に生徒が(秀英に)流れることはありうるだろう。さらに個別指導に力を入れることなどで魅力を高めていきたい」

とそれぞれコメントしているようです。

英進館では秀英予備校の進出に対して上記ブランド力という考えからの比較を行い、対抗しているようです。

たとえばこんな言い回し・・・

友人関係は、勉強のやる気に関係するの?

英進館の校舎数は、九州中に全部で35。生徒数20,000名を超える塾としては、非常に少ない校舎数です。それは、教師の質を落とすことに繋がりかねない無謀な校舎展開を行わないからです。

この校舎数の少なさと、そこに多くの生徒さんが通ってくれるからこそ、正社員を厚く配置することができ、英進館ならではの優れた学習環境が実現できるのです。

そして秀英予備校との比較として
比較.gif

も出しています。判断するのは消費者です。

我が子を預けるのはどっちか? 


PAGE TOP