全教研と昴が共同戦線

平成19 年11 月より、鹿児島、宮崎、熊本、福岡に70校以上の教室を持つ学習塾「昴(すばる)」(鹿児島)と福岡、長崎、佐賀、大分に50校以上の教室を持つ「全教研」(福岡)が共同で、中学生向けの「全九州模試」と小学生向けの「全九州学力テスト」の共同の模試を実施。1万5000人規模の模試が九州に誕生した。

この両者の共催により九州全県での模試の実施が可能となり、より確度の高い合格判定、学力診断結果を提供することができるようになるでしょう。

昴の平成20年2月の中間決算説明書によれば、以下のように九州地区のことを分析しています。


8.九州地域の学習塾業界の動向

(鹿児島県)
ここ数年、大手学習塾の進出、低価格学習塾の新規出校が続いておりましたが平穏化の傾向。当社は模試の外部受験者数拡大を軸に新規層の掘り起こしを図っており、特に成績上位層に対する優位性は堅持の見込み。中学卒業者数が減少し、特に郡部の公立高校の競争率が低下する中で、受験学年以外の獲得が課題となります。

(宮崎県)
九州の中では比較的大手学習塾の参入も少なく、当社が優位な展開をしておりますが、今年からトップ公立高校に併設の中高一貫校も開校し、既存の附属中や私立中とともに中学入試受験層が拡大の傾向にあり、今後大手学習塾の新規参入も予想されます。当社の優位性を堅持するため、既存校のてこ入れとともに、宮崎市東部に浮城校の開校を予定しています。

(熊本県)
先行する地元資本が優位性を発揮し、当社を含めた後発組とのシェア争いが一段と激化する傾向にあります。高校再編の動きの中で、学区の廃止・拡大、熊本市外に公立の中高一貫校の設置も決定しており、当社では熊本市内の成績上位生の獲得を図るとともに、熊本市近郊の菊陽町に菊陽校の開校を予定しています。

(福岡県)
当社進出地域においては圧倒的な市場規模を誇る、九州最大の激戦区。中央資本の参入も継続しており、来春には業界大手の進出が決定しています。市場規模から見ると当社のシェアは低い状況にあります。これより福岡市に本社を置く株式会社全教研と模試を共催し、当地における模試の受験者数拡大を契機として、シェア拡大を図ってまいります。


昴と全教研の共同模試の実施の背景には、上記のような熾烈なシェア争いがあるわけですが、具体的には、出版社の学習研究社(東京)が北九州市の学習塾「照和学館」を子会社化したり、東海地方が地盤の学習塾「佐鳴予備校」が九州・山口で校舎を展開する習塾「九大進学ゼミ」を傘下に収めるなどの動きがあります。

また、夏期講習0円で全国に進出する大手学習塾「秀英予備校」(静岡)が福岡に進出する予定もあり、九州地区が全国展開する学習塾の草刈り場になるのか、それとも地場の学習塾が踏ん張って死守するのか、ここ数年の動きに目が離せません。


PAGE TOP