英進館の特徴&姿勢

特徴比較

英進館を表現する際に、ふさわしいものの1つとして、新卒の採用情報がある。

英進館の特徴と姿勢を最もよく表していると思われるので紹介しよう。

2007リクナビ採用情報より

『創立以来、20年連続の成長を遂げている英進館。その原動力は圧倒的な強さを誇る合格実績です。この4年間で1.6倍に増えました。全国でも九州に英進館ありと注目されるほどの九州の主要な中学・高校のほとんどの入試でトップクラスの合格者という抜群の合格実績を誇り、この少子化の時代に年々10%程度の生徒増を実現しています。』

どうだろうか。

非常に勢いのある言葉に圧倒される方もいるでしょう。

売上高を見ても、常に右肩上がりで平成18年度3月期で、64億円と過去最高を記録し、在籍生徒数も同じく過去最高の20,578名を記録している自負と自信が採用面でも表れていると言えるだろう。

塾というのは、ある意味で他社との差別化が非常に難しい業界です。

「勉強のシステム」というものは、秘蔵の虎の巻があるわけでなく、時間の経過とともに、また、結果としての「合格実績」によって、自然淘汰され、どの塾の授業もサービスも似たり寄ったりになっていきます。

そうなると、やり方はほぼ一緒。そこで、皆、「合格実績」に走っていくわけです。

なにより一番消費者に訴える数値ですから。だから、「合格実績の数」での差別化を図ろうとする。

ただ合格実績を挙げていくには、母体となる「生徒数」がどうしても必要になってきます。ならば、必然的に、数多くの教室数を展開する形にならざるを得ない。

よく大手学習塾が「合格者数」を誇るに対して、中小零細塾が「合格率」を誇る事象が全国各地で散見され、お互いがネット上で罵り合っている状態の地域もあります。

これなどは、まさに差別化を図るのが難しいということを表している現象です。

生徒数が少ない中小零細塾が大手に対して「合格者数」で太刀打ちできるはずもなく、「合格者数÷受験者数」という「合格率」で勝負するほかはないわけです。

そうやって「合格率」で勝負してきた塾も拡大を望み、生徒数の増加が回転し始めると、自然と「合格者数」で勝負をし始めるようになる。

どちらがいい悪いではなく、大は大の戦い方が、小には小の戦い方があり、各塾が自分の有利な土俵で戦おうとするのが当然であるということです。

そんな中で、英進館は、他塾との差別化の一環として、

◆多大な費用をかけて理系離れに警鐘をならし、理科実験授業・レポート作成指導
◆正規指導時間外に設ける読書作文指導
◆礼儀作法、長幼の序、人間教育等を教える週一回のホームルーム実施

を掲げています。

「部活ばかりで勉強しない・・・」お母さんからの相談

記事を読む   英進館の特徴&姿勢

全教研、学研の参加に

全教研&英進館関連記事

学研ホールディングスは2013年8月13日、福岡県内を中心に学習塾を展開する全教研を買収すると発表しました。学研HDは教材販売との相乗効果が期待できることなどから、地方の学習塾や家庭教師派遣会社の買収を進めており、2009年には熊本市の学習塾、早稲田スクールも傘下に置いている。

学研ホールディングスの子会社の学研塾ホールディングスが30億円で全教研の全株式を取得、買収後も全教研の社名は変わらず、経営陣も続投する予定です。

全教研は福岡、佐賀、長崎、大分、山口各県で幼児や小・中・高生向けの学習塾を運営し、1994年に福岡証券取引所に上場したが、2009年には経営陣による自社買収で上場廃止となっていました。

プレスリリースによれば、学研ホールディングスによる全教研の買収理由は、


当社グループは、「すべての人が心ゆたかに生きることを願い、今日の感動・満足・安心と、明日への夢・希望を提供します」という学研グループ理念の下、当社の連結子会社である株式会社学研塾ホールディングスで展開する教室・塾事業を通じて、社会・個人の「学び」のニーズに合わせた教育支援サービスを、子どもたち一人ひとりに提供しております。

一方、全教研は、「学力の向上は素質と環境とやる気の相乗作用である。すべての子どもたちは、無限に伸びる可能性を持っている」という教育理念の下、「面倒見の良さ」で「自ら学ぶ能力」を育てる指導を50年以上にわたり実現し、その伝統と高い合格実績で、幼児から高校生までを対象とした早期才能開発教室、学習塾経営、才能開発講座を福岡、筑後、北九州、大分、佐賀、長崎エリアにおいて、広く展開しております。

当社グループの塾事業戦略は「普遍性」と「地域性」の両立であり、多様化している「児童・生徒個々の学力」と「地域ごとの教育(入試)制度」の双方をカバーしていくことであります。今回の株式取得により、当社グループが全国展開している「普遍的」教育サービスのプラットフォーム上に、全教研の持つ「地域性を生かした」教育サービスを組み合わせることにより、双方におけるシナジーを生み、結果として厳しい事業環境への対応と成長戦略を共有できるものと考えております。


と述べています。

全教研の2013年2月期の売上高は45億1300万円で、純利益は1億7300万円。

記事を読む   全教研、学研の参加に

2012年度英進館 中学入試 合格速報

合格実績比較

2012年3月2日現在、九州地区の英進館をはじめとする大手学習塾が発表している中学受験の合格実績速報値を紹介します。

英進館は、九州最難関の久留米大附設中学で、募集定員150名に対して英進館合格者数107名、ラ・サール中学では募集定員160名に対して英進館合格者数85名の合格実績となっています。

また、人気の高い佐賀の早稲田佐賀中学では定員120名に対して英進館合格者数307名、上智福岡には英進館合格者数275名、西南学院は英進館合格者数367名の合格者を出すなど九州地区では高い中学入試の合格実績を出しています。

以下、英進館など主な九州学習塾の3月2日現在に発表されている合格速報値です。
なお、空欄は未発表であることをご了承ください。

記事を読む   2012年度英進 ...

英進館、広島の学習塾の「鯉城学院」を吸収へ

展開する教室比較

九州地区で予定通りの教室展開を果たしている英進館は2010年2月10日の日本経済新聞で「2011年には広島県にも設置する」と伝えられていました。

その2011年4月、英進館代表取締役社長筒井俊英氏が広島の学習塾の「鯉城学院」の代表に就任したようです。

すでに2010年夏以降、英進館と鯉城学院の模試共催にはじまり、設置クラスの名称統一、講師の移動交流、入試報告会の大規模開催などが英進館のノウハウの導入が実質進んでいましたが、組織上も名実ともに英進館が鯉城学院を吸収したことになります。

鯉城学院は英進館のノウハウと新しい血を導入することで広島県のまずは中学入試における合格実績の飛躍を誓っており、英進館の東上の第一歩として注目されます。

なお、広島の学習塾の「鯉城学院」は塾の名称等はそのまま使用されます。

記事を読む   英進館、広島の学 ...

2011年度中学入試 合格実績

合格実績比較

九州における中学入試の大手学習塾3社「英進館」「全教研」「日能研」の主な中学校の合格実績速報です。数値の集計は2011年1月末日ですから今後繰り上がり合格などで以下の数値を上回っていく可能性があることをお断りしておきます。

九州地区で最難関校に数えられる久留米大附設は英進館が他を大きく引き離し、ラ・サールはわずかに日能研が英進館を上回りました。ただし日能研のラ・サール中学の合格実績は九州地区以外からの受験も含まれると考えられます。

佐賀の名門、弘学館では英進館が170名で全教研の60名の3倍、早稲田佐賀は東京等の受験を入れても英進館が243名とほぼダブルスコアとしています。

また、長崎の青雲についても英進館が全教研、日能研の3倍の合格実績を誇り、九州地区は合格実績では英進館に軍配が上がったと云えそうです。おそらくこの傾向は今後数年は続いていくのではないかと考えられます。

九州地区の主な中学校の入試合格実績は以下の通りです。

県名 学校名 英進館 全教研 日能研
福岡県 久留米大附設 109 43 23
鹿児島県 ラ・サール 80 2 89
佐賀県 弘学館 170 66 20
佐賀県 早稲田佐賀 243 44 134
長崎県 青雲 181 66 73
福岡県 小倉日新館 32 84 5
九州国際大学付属 45 46 2
中村学園女子 73 21 6
照曜館 75 153 4
福岡女学院 96 42 5
明治学園 115 151 10
東福岡自彊館 124 26 7
福岡雙葉 182 57 26
上智福岡 195 71  
筑紫女学園 282 130 39
福岡大学附属大濠 297 139 53
西南学院 377 138 50
久留米信愛女学院 30 1
大牟田 46 1
敬愛 58 5
福岡教育大学教育学部附属小倉 46 2
福岡教育大学教育学部附属福岡 18 4
八女学院 44 1
長崎県 長崎大学教育学部附属 48 20 2
海星 70 18
長崎県立長崎東 4 10
大分県 向陽 23 9 8
岩田 28 21 7
大分大学教育福祉科学部附属 43 19 5
大分県立大分豊府 15 2
鹿児島県 鹿児島大学附属 50
志學館中等部 61 98
佐賀県 佐賀大学附属 49 51  
東明館 84 9
熊本県 熊本大学教育学部附属 52 10
真和 109 42

記事を読む   2011年度中学入試 合格実績

ラ・サール中学校 公開実戦統一模試 

模試

九州では合格実績で「一人勝ち」の状態になっている英進館が小学校6年生を対象にした唯一の全国規模の公開テスト「ラ・サール中公開実戦統一模試」を実施します。

実施日は2011年5月7日(土)で、鹿児島地区は5月8日(日)に実施となります。

今回の「ラ・サール中公開実戦統一模試」は、出題範囲を「今までの全履修範囲」とし、基本的には実力問題となります。

実施会場は、
天神本館、薬院本校、西新本館、香椎本館、春日本館、久留米本館、小倉本館、折尾校、佐賀校、長崎校、大分校、熊本本館、鹿児島校などで、受験費用は税込4,000円となっています。

英進館は2011年度入試で定員160名のラ・サール中学校で合格者数は定員の半分の80名、ラ・サール高校では定員80名に対して合格者数は137名出すなど「ラ・サールに強い英進館」といってよい状態を作り出しています。

ちなみに2011年度のラ・サール中学の入試では160名の定員に対し受験者数は619名で、倍率は4倍弱となっています。

この5月の模試は、ラ・サール中学入試を想定し、テストレベルや実施時間も本番と同じ設定で行われますので、ラ・サール中学の志望者、成績上位者の多くが受験すると思われますので、現在のわが子の位置を知る意味でもぜひ受験しておきたいところです。

成績返却は、約1週間後で、偏差値や全体での順位、ラ・サール中学への合格可能性を含む成績表と成績資料、答案が郵送されます。

つどへ!ラ・サール中学志望者ですね。

公開テストになると緊張からか点数が取れない

勉強になるとすぐに眠くなる・・・

記事を読む   ラ・サール中学校 ...

2011昴の合格実績

他塾動向

生徒数1万2000名を抱え、九州に77校 (福岡県7校・熊本県12校・宮崎県16校・鹿児島県42校)を展開する学習塾「昴」の2011年度入試の合格実績が発表されています。ここでは主な中学校、高校の合格実績を紹介します。

なお、英進館、全教研、日能研の中学入試の合格実績はこちらで確認ください。

2011年度の昴の主な合格実績
灘高校 1名

ラ・サール高校29名
ラ・サール中学16名

久留米大附設高校16名
久留米大附設中学2名

鶴丸高校173名(定員320名)
甲南高校169名(定員320名)

宮崎西高校理数科29名(定員44名)
大宮高校文情科 34名(定員80名)

熊本高校17名
済々黌高校17名

修猷館高校17名
城南高校22名

記事を読む   2011昴の合格実績

今春には福岡市内に一気に12教室を開設

他塾動向

広島県を主とする鴎州塾は2008年から月謝が1万円前後(6,195円から11,970円)の低価格進学ゼミWINという教室を広島はじめ岡山、山口と展開し、そして2010年春には英進館の本拠地の福岡市内に12教室

有田校(早良区有田)
藤崎校(早良区高取)
室見校(早良区南庄)
茶山校(城南区茶山)
堤校(城南区堤)
小笹校(中央区小笹)
笹丘校(中央区笹丘)
平尾校(中央区平尾)
福重校(西区福重)
姪浜校(西区姪の浜)
大橋校(南区大橋)
清水校(南区清水)
長住校(南区長住)
荒江校(城南区荒江)
西新校(早良区城西)

を開設。

鴎州塾の進学ゼミWINは通常価格が6,195円から11,970円と低価格の塾ですが、福岡県に進出する際にはこれよりもさらに低価格の「月謝3,045円から10,920円」の月謝費用で展開し、このとき生徒を約2000人集めました。低価格の月謝とはいえ、鴎州塾では全クラス正社員が担当し、学生アルバイトに指導させるようなことはしないというのが謳い文句でした。

通常クラスの難関校の「修猷館受験Sクラス」でも中学生5科で月謝10,800円となっていますので相当なインパクトを九州地区の塾にも与えたようで、全教研は対抗策として中学生の春期講習を無料にし、中学生になる前の小学生向けに2科目週1日8000円のコースを新設するなどしました。

英進館も九州地区での圧倒的な合格実績を背景し、教室展開を加速させており、2011年3月には、福岡で長丘校、藤崎校、伊都校の3校を、熊本で熊本本校を開講するなどしています。

2011年度の鴎州塾福岡エリアの主な高校の合格実績は、
修猷館高校 8名
城南高校 10名
筑前高校 9名
福翔 6名
福岡西陵 14名
筑紫中央高校 3名
福岡中央高校 8名
柏陵高校 14名
福岡講倫館 12名

で、長年地場で指導してきた塾にはまだまだの数字ですが、この数字が急速な教室展開で集めた生徒でどれほど伸びていくのかは今後要注目といえそうです。

記事を読む   今春には福岡市内 ...

全教研&英進館の売上高

売上高&生徒数比較

全教研のデータ

売上高

2011年2月 42億円

2010年2月 38億円

※2010年2月期は決算月を3月から2月に変更したため、11カ月の変則決算となっています

2009年3月 45億25万円

2008年3月 45億8455万円

2007年3月 44億5525万円

2006年3月 43億9757万円

2005年3月 42億6719万円

2004年3月 41億6262万円

2003年3月 40億1372万円

在籍生徒数

平成18年3月31日現在 12,231名(期中平均生徒数)

平成19年3月31日現在 12,413名(期中平均生徒数)

平成20年3月現在 約12,500名

社員数 302名(平成20年3月現在)

教室数55教室

売上高の内訳は、2006年3月時点で、受講料小学部38%、受講料中学部40%、受講料他12%、入会金1%、受験料2%、合宿行事収入4%、他3%となっている。

一方、英進館のデータは、

売上高

2011年3月  89億円  生徒数30,000名(2010年8月現在)

2010年3月  83億円  生徒数27,100人

2009年3月  75億円  生徒数27,000人

2008年3月  72億円  生徒数21,000人

2007年3月  70億円 

2006年3月  64億円  生徒数20,578人

2005年8月  57億円  生徒数17,289人

2004年8月  50億円  生徒数15,738人

2003年8月  45億円  生徒数13,713人

1989年8月  10億円  生徒数 3,388人

※平成18年より決算月を3月に変更

※英進館はこの20年で、売上高、生徒数ともに、6倍強の成長をみせています

社員数は397名(なお、正社員以外に685名が在籍し、総従業員数は1000名)教室数38教室

これら主なデータを基に単純計算で比較してみよう。

全教研(2006年3月43億9757万円・生徒数12,231名・社員数 260名・教室数51)

2006年の売上高÷社員数=社員一人当たりの売上 年間約1691万円。

2006年の売上高÷教室数=1教室当たりの売上 年間約8600万円。

2006年の売上高÷生徒数=生徒一人当たりの売上 年間約36万円。

英進館(2006年3月64億円・社員数315名・生徒数20,578人・教室数31)

2006年の売上高÷社員数=社員一人当たりの売上 年間約2030万円。

2006年の売上高÷教室数=1教室当たりの売上 年間約2億600万円。

2006年の売上高÷生徒数=生徒一人当たりの売上 年間約31万円。

ちなみに、他社との比較してみると、

日能研関西(2005年8月期売上高40億円・従業員数159名・生徒数約6000人・教室数21)では、

2005年の売上高÷社員数=社員一人当たりの売上 年間約2500万円。

2005年の売上高÷教室数=1教室当たりの売上 年間約1億9000万円。

2005年の売上高÷生徒数=生徒一人当たりの売上 年間約67万円。

㈱市進(2006年2月期売上高180億1800万円・正社員444名・生徒数40000人・教室数115)では、

2006年の売上高÷社員数=社員一人当たりの売上 年間約4000万円。

2006年の売上高÷教室数=1教室当たりの売上 年間約1億5700万円。

2006年の売上高÷生徒数=生徒一人当たりの売上 年間約45万円。

全教研の正社員比率は約26%、英進館の正社員比率は約32%なので、社員一人当たりの売上が英進館のほうが高いのは納得できる。

入塾の際に、講師はどういう身分なのかを確かめることは大事だろう。ただ、正社員だから良い講師、アルバイトだから悪い講師とは必ずしも言えず、年間を通して責任を持って見てくれるのか、また、実際に子供を担当する先生を確かめてから入塾するのが妥当でしょう。

1教室当たりの売上高、英進館が年間約2億600万円、全教研が年間約8600万円。この差は、受講単価の違いと1クラス当たりの生徒数の違いが出ていると思われます。

通常、上位クラスであれば、50名であっても、講師側はそれほど問題に感じないし、きちんと成績によってクラス分けがなされていれば、生徒側もそれほど問題にはなりません。

1クラス当たりの生徒数のみを考えるのはナンセンスと言えます。

我が子の学力、意欲などから、適正人数とそのフォロー体制は考えていかないといけないでしょう。通っている学校のクラス人数を基準に、その人数で十分フォローしてもらえているか、また、子供もそれに対処できているかを目安にするのがいいでしょう。

生徒一人当たりの売上は、全教研が年間約36万円、英進館が年間約31万円。1教室当たりの売上高が3倍弱の差があるのに対して、生徒一人当たりではほとんど差がありません。

これはやはりクラスの生徒数の密度の問題と考えられます。

受講料は、月額だけでなく、春季、夏季、冬季などの講習会費やオプション講座の費用も合わせて考えることが大事です。合わせて、先ほどの1クラスの生徒数が我が子と合っているかどうか。

塾は、1つの企業としてみれば、平均値なり、一定の基準になる数値は出ますが、講師一人の力によって、同じ塾でもまったく違ったりもしますから、全体の数値とともに、通う校舎個別のデータの収集が大事なって来るでしょう。

 

「5年生になって塾の授業についていけなった」という相談

記事を読む   全教研&英進館の売上高

英進館が早稲田アカデミーの第3位の株主になりました

全教研&英進館関連記事

首都圏で学習塾を展開する早稲田アカデミーが2010年9月14日付で筆頭株主の須野田珠美氏より、保有株式の一部を九州地盤に学習塾を展開する英進館に市場外(相対取引)で譲渡する約定を行った旨の連絡を受けたと発表しました。

英進館は、2010年3月末時点で早稲田アカデミー株8.34%を保有する第4位株主でしたが今回の譲渡で、異動後の英進館の持分は12.20%にあたる84万6,600株の保有となり、大手予備校・東進ハイスクールなどを運営するナガセに続く第3位の株主となります。

記事を読む   英進館が早稲田ア ...

PAGE TOP